研修

HOME > コース内容 > 研修 > 伝達力向上研修

伝達力向上研修

 

期間 通常4時間

2~6時間コースまで対応可能です。

研修のねらい

迅速に・簡潔に・確実に伝えるスキルを強化し、仕事をスムーズに進めるための技法を学びます。わかりやすい伝え方に加え、プラスアルファの答え方も習得します。

こんな企業・社員の方にお勧めです

1.簡潔な話し方ができなくて仕事の能率が悪い。
2.得意先、お客様からの問い合わせに的を射た答えができず信頼が得られない。
3.コミュニケーションの行き違いから仕事のミスやトラブルが多い。

カリキュラム例(4時間研修)

 ワークを中心に進めます。

オリエンテーション 伝えることの難しさ
「伝え方」の基本を知る 仕事をするうえでの「伝える」とは
「伝え手」と「受け手」の意識の相違
話が伝わらない原因&その対策
わかりやすい伝え方の技法 Ⅰ 押さえるべきポイントと実践練習
 ・ワーク&ケーススタディ
  (確実に、明確に、プラスアルファも添える)
わかりやすい伝え方の技法 Ⅱ 「いろいろなケースでの伝え方」向上トレーニング
 ・イメージ、言葉、表現の伝達法

 ※印刷はこちらをご利用ください。
  伝達力向上研修のご案内(PDF)

受講生の声

 
  • 今まで「伝えたつもり」が多かったことが自覚できました。
  • 「常識」や「感覚」が人によってかなり違う点、自分の基準で抽象的な表現をたくさんしていることに気付かされました。普段、実際にありがちな例をたくさん取り入れていたのが、わかりやすかったです。
  • たくさん話しても、たくさんは伝わらないことがわかりました。
  • 資料が問題形式で適度な刺激があり、楽しく受講できました。
  • 実践的で、自分たちが考えながら作業するのが良かったです。すぐに使える内容でした。
  • 電話応対、接客する上で、日頃もやもやしていた“伝わっていないなぁ”というポイントの原因が一つ一つ、今回の研修で解決できました。
  • 言葉というのは難しいものだと改めて思いました。とてもわかりやすく、これから生かしていきたいと思います。仕事だけではなく、プライベートでも役立つと思いました。
  • グループワーク、個別の課題から、伝えることの難しさと現時点での自分の能力がはっきりわかったので、研修内容がとても理解しやすかった。「人の話をどこまで正確に聴いているか」のワークが一番心に残った。
  • 自分でも上司と話す時、伝えるのが難しくて困る時があり、この研修を通して伝え手、受け手の意識の違いを感じさせられました。
  • 問題に対して適切に答えられていたと思ったものが足りない事だらけで、とても勉強になりました。
  • 数回ほど研修に参加していますが、今までで1番勉強になり、時間が短い。まだまだ講義を受けたいと思いました。新入社員で、まだ伝達力が低く上司を困らせているので、今回の研修は自分にとって時期も内容も満足いくものでした。
  • ただ講習を聞くだけではなく、実践を交えてのものでしたので、楽しく学ぶことができました。人に伝えたい事を、いかに要点をまとめ、インパクトのある内容にするかを勉強することができたと思います。お客様にメールでセール等の案内をする時の参考になりました。